• 代表

【ベジファーストとミートファーストどっちが良いの?】

更新日:4月18日

こんにちは。

浜松市中区のパーソナルトレーニングジムNINEの原田です!



本日は、「ベジファーストとミートファーストどっちが良いの?」についてお話しさせていただきます。



・ベジファーストとは、簡単にいうと野菜から先に食べることです。

(ここで私が推奨するのは、根菜等の糖質の多い野菜は含まず、葉物の野菜を指すということだけは先に伝えておきます。)



・ミート(プロテイン)ファーストとは、簡単にいうとお肉などのタンパク質を多く含むものを先に食べることです。



結論をいうと私はダイエットにはまずは「ベジファースト」を推奨します。



最近の研究結果でベジファーストよりもミート(プロテイン)ファーストの方が血糖値の上昇が緩やかになるという報告がなされています。



血糖値の上昇が緩やかということは、肥満ホルモンと言われているインスリンの分泌量を朝得ることができ脂肪がつきにくいということにつながります。



この研究の結果、「ベジファーストは古い」「プロテインファーストの方が痩せる」ということを話題として取り上げるトレーナーも増えてきました。



しかし、なぜ私がベジファーストをダイエットに推奨するかというと下記の理由があります。



まず前提としてダイエットが苦手な方が対象ということです。



トレーナーなどの食欲コントロール、カロリーコントロールが得意な方はミートファーストが良いでしょう。



ご来店されるダイエット専門ジムのお客様にとっては、一番優先すべき重要なこと(守っていただきたいこと)は、『アンダーカロリー』にすること。



要するに食べ過ぎはダメとうことですね。



糖質制限だろうが、脂質制限だろうが、仮に脂質か糖質の栄養素を極端に減らしたところで消費エネルギーを摂取エネルギーが上まれば体重が増加します。



トレーナーのような体づくりが得意です!!っていう人はタンパク質の量や糖質の量を調整できるかもしれないです。



しかし、初めて食事制限をする方にとっては、おかず(タンパク質)から取るような食事をすると食べすぎてしまい、1日通してみるとのたんぱく質中心の食事にしたとしてもカロリーオーバーしてしまう方が多いです。(そもそも体重増加の原因が、食べ過ぎなどの食習慣の方が多いからです。)



お肉や魚などの食材と野菜(葉物)ですが、100gあたりのカロリーはどっちが低いのかは、断然野菜の方が低カロリーです。(野菜は水分が多いからです。)



野菜から食べることで食欲を抑えるというよりは、物理的にお腹を膨らませます。



また咀嚼回数をあげることもできます。実はダイエットに咀嚼はすごく大事です!



「タンパク質より血糖値の上昇が緩やか」という言葉の意味は、ベジファーストはもちろんミートファーストよりは血糖値の上昇をしやすいですが、ベジファーストも血糖値の上昇を抑えるという事実には変わりありません。



上記の理由をトータルで考えると「ベジファースト」を推奨します!



研究結果だけをみて判断するとどうしてもお客様の生活から目が離れてしまいます。



「こっちの方が痩せやすい」というものがあってもその人にフィットするのかはまた別のものです。



そういった意味で、ダイエットが苦手な多くの方へ「ベジファースト」を推奨します。



付け加えると、PFC管理をしっかりできるようになったり、食欲があまりなかったりする方の場合は、「プロテインファースト」を推奨します。



少食な方は、1日に摂ってほしい栄養が取れない方もいるので、そういう場合は、「野菜を食べないように」とお願いすることもあります(笑)



結局、その人にあった方法が一番ということになっていましましたが、、、、

多くの人にとってはということです。



難しい話で申し訳ないです。



本日のまとめ「野菜から食べよう!!!!」でした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

パーソナルトレーニングジム NINE

〜人生をより豊かにする「理想の私」を手に入れる〜

・一人ひとりに最適なトレーニングプログラムの提供

・LINEでの徹底した食事管理

・浜松市内で初の無料アフターサポート


住所:浜松市中区天神町22-12

TEL:053-424-6039

E-mail:hamamatsu@ninegym.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


閲覧数:933回0件のコメント