ダイエット成功の鍵!食欲に関与するホルモン「レプチン」「グレリン」をコントロールする

こんにちは。


浜松市中区のパーソナルトレーニングジムNINEの原田です。


本日は内容は、「ダイエットの鍵!食欲に関与するホルモン「レプチン」「グレリン」をコントロールする」です。





ダイエットにおいては、ホルモンの理解が必要不可欠になります。


「なぜ自分は太りやすいのか」


「なぜ自分は痩せにくいのだろう」


こんな疑問は実はホルモンのコントロールができていない可能があります。


食事内容は良いはずなのに痩せない


こんな方に必見の内容です。


では早速、【食欲に関するホルモン】とは


「レプチン」・・・食欲を抑制するホルモン


「グレリン」・・・食欲を増進させるホルモン


この2つのホルモンは相関関係にあります!


これをみておわかりの通り、


「レプチン」を上手に分泌させ、「グレリン」を上手に減らせれば


食欲を抑制させ、痩せる!


ということがわかると思います。



【レプチンの特徴】


①脂肪細胞から分泌される


②食後20分経過後から多く分泌される


③脂肪の蓄積を抑え、エレルギーの消費を助ける


分泌されすぎると正常に機能しない


【グレリンの特徴】


①空腹時に分泌される



こんな特徴がありますが、レプチンの分泌量が増えれば、グレリンが減る。


グレリンが増えれば、レプチンが減るという相関関係にあります。


では、具体的にどのような生活習慣がレプチンを減らし、グレリンが増えるかお伝えします!


ぜひ改善してみてください!


①運動習慣を取り入れる!※運動強度が高いほど効果があります。


②睡眠不足の解消!※7時間半(90分サイクル5セット)


③アルコールを控える!


④よく噛んで食べる!※20分以上かけ、ゆっくり食べる


これでレプチンの分泌量を増やして、グレリンの分泌量が減ります!


しかし、、、


実は、肥満の方は、「レプチン抵抗性」の状態にある可能性があります。


レプチンの特徴①でも説明した通り、脂肪細胞からレプチンが分泌されるため、脂肪が多い肥満体質の方は、大量にレプチンが分泌されやすくなります。


そのため、レプチンの特徴④で伝えたとおり、大量に分泌されすぎるとレプチンが正常に機能しなくなります。。。


これがレプチン抵抗性の状態ということです。


レプチン抵抗性の状態の時は、ホルモンの働きに対抗して


「食欲に抗う強い意志」


が必要になります。


ダイエットを始め、ある程度の脂肪が落ち始めるとレプチンが正常に機能しますので、それまでは正しい食生活と運動で少しずつ成果を出していくほかないです!


ぜひホルモンを味方につけ、より効率の良いダイエットにすることが、ストレスを軽減しながらダイエットで大きな成果を出すことができますよ!


ぜひ①〜④の生活習慣を意識して取り組んでみましょう!


パーソナルトレーニングジムNINE

代表 原田拓人

閲覧数:22回0件のコメント