• 代表

【消費エネルギーを増やす方法Part1】

最終更新: 2020年10月25日

こんにちは。

浜松市中区のパーソナルトレーニングジムNINEです。



本日は「消費エネルギーを増やす方法Part1」についてお話させていただきます。



運動するだけが消費エネルギーを増やす方法ではないですよ!!!!



人の身体には3つの代謝があります。



・基礎代謝

・活動代謝

・食事誘発性熱産生



これらの代謝を高めれば、「減量しやすい」「太りにくい」身体になり、ダイエット成功への近道になります!



その高め方について、なるべくわかりやすく伝えていきます。

(最初は難しいですが、読み進めてくださいね)



本日はPart1ということで「基礎代謝」にフォーカスをします。



基礎代謝とは、何もしなくても消費するエネルギーのことです。



一般的に女性は約1200kcal、男性は約1500kcalと言われていますが、一人ひとり異なります。



基礎代謝が1500kcalの方は、何もしなくても1日1500kcalまで食べても太らないということになります。



もしこの基礎代謝が1550kcalで1日1500kcalを摂取すると1日50kcal分不足するので、痩せるということになります。

※ここでは活動代謝や食事誘発性熱産生は加味しません。



ちなみに-50kcal/日を1年続けると-18250kcal/年なので1年で約-2.5kgの減量ができますね!!



よく「5年で10kg太った」「2年で5kg太った」という言葉を聞きますが、裏を返せば、毎日50kcalくらいのオーバーしかしてないということですよね。



基礎代謝を高めることで太りいくい身体になることは理解できましたね。



ではここでパーソナルトレーニング業界で良く耳にする誤解を招く言葉を暴露します。



「筋肉量を増やせば基礎代謝が上がり、リバウンドしにくいのでトレーニングで筋肉量を増やしましょう」、、、



ここには2点の誤解を招くポイントがあります。



・簡単に筋肉は増えないこと(トレーニングしている人はみんなわかっていること)

・筋肉の代謝が基礎代謝に占める割合は約2割程度ということ



「えっ!?」



はい。事実です。



ではどうやって基礎代謝を高めるのが効率的かということですが、基礎代謝を多く構成する「内臓」へのアプローチが必要になります。



内臓の働きは、、



・消化

・吸収

・排泄



これらの働きを活発にさせることで基礎代謝を高めることができます。



ということは"まずは"「食事」が重要ってことです!!



例えば、腸内環境を整える食物繊維や発酵食品、また加工されてないもの(素材そのもの)を摂取することなどがあげられます。



トレーニングが重要でないということではありませんので、誤解しないでくださいね。



筋肉量が増えることで、基礎代謝は上がりますし、活動代謝も上がります。

またボディラインを作りキレイで理想のお身体を手に入れるには必要不可欠です。



ただ時間がかかるという認識が必要です。



だから"まずは"基礎代謝を高める「食事」を意識することが大切ですよ!!



というお話でした。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示