腸内環境を整えるために意識してほしい4つの食品

便秘に悩んでいる人はいませんか?

便秘はダイエットにとって非常にやっかいな敵となり、体重減少に大きな影響を与えます。

この記事では、そんな大切な腸内環境を整える4つの食品を紹介したいと思います。

そもそも腸内環境が良い状態とは?

腸には善玉菌と日和見菌、悪玉菌が存在しています。

善玉菌が多く、悪玉菌が少ない状態が良い状態であることをご存知の方も多いでしょう。

しかし、善玉菌が多いという状態だけでは、腸内環境が良い状態といえないのです。

腸内環境が良い状態とは、

善玉菌のバリエーション(種類)が多いこと。

つまり、善玉菌を増やしてくれる食品の数を増やすことが鍵になるのです。

ちなみに、善玉菌の種類が少ない腸内環境だと免疫力が低下することがわかっています。

①水溶性食物繊維

【効果】

・水を引き込んで便を柔らかくする

・善玉菌の餌になり、腸内フローラを増やす

・善玉菌が水溶性食物繊維を分解する時に作られる短鎖脂肪酸は脂肪燃焼効果もある

【主なおすすめ食品】

・海藻(ぬめりのところ)

・ごぼう

・ブロッコリー

・大麦(β-グルカンが豊富)

など

詳しい食物繊維の記事はコチラ

②発酵食品

【効果】

・腸のぜんどう運動を活性化させる

・善玉菌の餌になる

・悪玉菌が増えることを防ぐ

【主なおすすめ食品】

・ヨーグルト(ビフィズス菌)

・味噌(麹菌、、酵母菌、乳酸菌)

・納豆(納豆菌)

など

③EPA・DHA

【効果】

・抗酸化作用で癌予防

・善玉菌が増えやすい環境にする

・便の潤滑油になる

【主なおすすめ食品】

・青魚

・鮭

・アマニ油

など

④オリゴ糖

【効果】

・ビフィズス菌などの乳酸菌を増やす

・悪玉菌の餌にならない

【主なおすすめ食品】

・バナナ

・ハチミツ

・玉ねぎ

など

食品からのこの4つを取ろうとするとダイエット中の食事制限下では食べられない食品もあると思います。

そういった時はサプリメントを利用しながら、効率よく上記の成分を摂れると良いですね!

浜松市中区西浅田2-6-25

パーソナルトレーニングジムNINE

代表 原田拓人